読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調悪化の度に思い出すこと

立て続けに暗い記事ですが・・・今の自分を記録として残します。

 

つい先日も母親と言い合いになることがあり、現在絶賛体調不良中です。

ここ数日は熱も高くて、仕事にも行けずなかなか精神的にもキツい状況です。

 

普段は、基本元気だしHSPにしてはアクティブな方なんです^^

「うおおお空が青い・・・!綺麗だ・・・!」と日々感受性の高さを楽しんで生きていたりするんです。

 

でも、家族との問題があると、とたんにやられてしまうんですよね。。

 

ご飯を作るのも食べるのも大好きなのに、何を食べても美味しくないし、そもそも食欲が無い。人と会うのは好きなのに、約束が億劫になってしまう。泣く以外の感情がどっか行っちゃった感じです。

 

今回はちょっと落ちてる期間が長いので、様子を見つつ病院も探しとこうかと思います。

 

元々偏頭痛持ちなのですが、こういう時の頭痛は鎮痛剤が効かないので困りものですネ。熱さまシートがすぐカピカピになってしまいます。。

 

ちょっと泣いただけでも目が腫れやすいので、毎朝お岩さん状態です。。笑

全然笑えないけど。笑

 

自殺願望とかは無いんですが、精神的に落ちる度に「消えたい」と思ったりはします。最初からいなかったかのように、周りの人の記憶から無くなって、そっと消えたい。普段はそう思わないけど、自分は価値のない人間だなと思うと、ネガティブ思考が止まらなくなります。

 

それでも最近はマシになったけどね。。

 

汚い感情や残念な所を見せても「それも含めてさみんでしょ」と好きでいてくれる周りの人のおかげで、自己否定にもだいぶ歯止めがかかるようになりました。

 

「あなたナイーブなんだから」「繊細だから尊敬する」「自己分析出来るのはすごい」と、HSPの事とか言ってなくても、ちゃんと私を見てくれて個性として認めてくれる人たちの存在はとても大きいです。

 

自己否定して消えたくなっても、そういう優しい人たちの事が頭をよぎると、きっと私がいなくなったら悲しませてしまうよな・・・と思うから、ちゃんと自分を生きないとなって思えたりします。

 

そもそも自己肯定感が低いので、「好き」と言ってくれる人に対して「え?なぜ??どこが???」と思ってしまうし、「本当の自分を知られたら否定されるよな・・・」という恐怖があるのですが、その人たちのおかげでそれも少し無くなってきました。

 

親友と思える友達でさえ、10年の付き合いで年々信頼関係は深まっていて、やっとここまで「あ、本当に大丈夫かも」「本当に好きでいてくれてるんだな」って素直に思えるようにもなりました。

 

でも、同時に「永遠」なんてのは無いとも思っているので、もしかしたら何かのキッカケや環境の変化でこの関係が無くなってしまうかもしれない。そういう儚いものだとわかっているから、こうして支えてくれる周りの人がいることはとても尊いことなんだと思います。

 

自分では残念でしかない部分も、他の人からしたら良い所・好きな所なんだなって気付かせてくれた大切な人たち。今は離れてしまった人も同じです。

 

周りに生かされているし、人に恵まれているなって事も日々感じて生きています。

苦手な人や害になる人にもまあまあ出会うんですが。笑

それでも、学校や職場とかの近い存在の人にはいつも良くしてもらって、恵まれてる事がとっても多いです。

 

そういうことに日常的に気付けるのも、HSPならではかもしれません^^

思い返すだけで、心がとってもあったかくなります。本当に感謝しています。

 

心の支えになってくれる人たちの事を思い出しながら、とにかく今は体調が良くなってくれることを願います。。