当たり前が幸せ

仕事仕事で週初めはゆっくり出来ないので疲れ気味です。。

 

 

でもまあ自分で選んでることだから仕方ないけども(⊃-^)

 

 

 

週の半ばを乗り越えれば明日から少し楽になる。。

 

 

 

 

 

でも、やりたい仕事が出来て、今いる色んな環境で周りの人たちに恵まれていることはかなり幸せなことです。

 

 

 

 

色んな環境に身を置いて、これまでも色んな人に会ってきて、人に恵まれるって事の幸せを痛いほど噛み締めてます。

 

 

 

私の場合、子供の頃から中学くらいまでの人間関係がほんと悪かった(きっと自分も悪いところがたくさんあった)から、そもそもの幸せのハードルが低い。

 

 

 

 

 

 

心を許せる友達がいること。

 

このままの自分を受け入れてもらえること。

 

人の失敗も受け入れられること。

 

一緒に頑張ろうって思える仲間がいること。

 

この人に着いていきたい!と思える人がいること。

 

信じてくれる人がいること。

 

守ってくれる人がいること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしても人と比べて、これも無い、あれも無いと思ってしまうけど、あるものに目を向けられるようになったのも、これまでの色んな経験があったからだなと思います。

 

 

 

 

 

人と自分は違うということ。

 

 

 

これを本当の意味で認識出来るようになってから、より周りに感謝出来るようになりました。

 

 

 

 

 

今日もありがたかった。

 

 

 

 

 

 

良くしてくれる人たちがいること、普通の人にとっては当たり前なのかもしれないけど、私にとっては幸せだ…!としみじみ思うのです。

 

 

 

 

子供の頃、全力で捻くれてた自分のおかげで、幸せのハードルが低いおかげで、こういう事でいちいち幸せな気持ちになれるんだよな。。

 

 

 

 

落ちることもあるけど、最近はだいぶメンタルも安定してるし、家族と離れて暮らしてるおかげでだいぶ心がすり減らずに済んでるな。。

 

 

 

 

物理的な距離があるおかげで自分も保てるし、まあいいやたまにしか会わないし…と思えて色々流せるし。

 

 

 

 

また特別何かあったわけじゃないけど、非HSPに囲まれて否定されてばかりだった記憶はそう簡単に癒されるものでもないから。

 

 

 

いい意味で諦められる距離を取ることは、お互いのためにもストレスにならないもんね。。

 

 

 

 

 

そんな事を思う就寝前。

 

 

 

 

平和だなー、と、穏やかな気持ちで眠りにつきたいと思います。