読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少し這い上がってきた

吐き出せる場所として作ったブログでしたが、吐き出すことすら気力が無く・・・気付いたら放置してしまっていました。。

 

どんな文章で書いていたかもほぼ忘れています*1

見事に病んでしまっていましたが、今はとりあえずブログを書けるまでには回復しました。

 

せっかく家族と離れて暮らせるようになったのに、ものの1年も経たないうちにまたどん底メンタルになるとは思いませんでした。。

悲しいし悔しいし、情けない気持ちでここ数ヶ月過ごしました。

 

でも、もう少し前のような「わかってもらいたい」という気持ちは全くなくなりました。

生まれて初めて感じる、冷たい感情です。

結果的に何度も裏切られてきて、病院のお世話になる程気持ちがダメになってしまって、なんかもうね、信じるのなんてバカくさいですよね。笑

 

あ、決して卑屈になっているわけでもなくて、単純に、分からない相手に理解を求めてしまっている自分が滑稽だなって思って。

 

自分が感じている深い所を理解して欲しくても、意地悪でもなんでもなく、私の家族にはわからない事だから仕方ない。

仮に分かろうとしてくれていても、それが精一杯頑張ってくれていても、私からしたらどこかズレているし表面的なことしか感じることが出来ないんだろうから。

 

文面って難しくて、これは素直な気持ちなんだけど自分で読み返してもなんだか「見下してる」ような印象を受けますね。。

HSPとか関係なく、想像力とかその人の性格とかそれぞれだし、分からない事を求められても無理なんですよね。

 

私には考えなくても感覚でわかることだけど、家族からしたらわからない。

分かろうとしても、どうやっても分からない、見えないことなんだもんね。

それは自分にも言えることもあるだろうし。。

 

だから、悲しい気持ちがゼロになったわけではないけど、なんとも言えない冷たい気持ちです。

 

自分の感覚は自分にしかわからないから、つい周りも同じなんじゃないかって思いがちだけど、そうじゃないんだよね。目に見えなくてもそこには大きな個人差がある。

 

家族なんだから。

っていう言葉に惑わされて、縋って、勝手に裏切られて、一人芝居か!って思います。笑

 

だから、家族に理解してもらっているって思える人は単純に羨ましいし、それだけでも恵まれた環境なんだなって思います。

 

アダルトチルドレンの問題や、欲しくても貰えなかった愛情に飢えていた自分の事は、自分自身で解決するしかないんですよね。。

わかっていたのに、少し優しい言葉をかけて貰えたり、信じて!と言われるたびに縋っていた自分よ・・・あんたはバカよ。。

 

このブログを開設するキッカケとなった一件以来、家族が関わってくると大なり小なりぐったりする気持ちになるし、それは悲しい事だけど、自分を守るためにも距離は作っていこうと思いました。

 

でもそれも簡単に、しかも勝手に破られたりするんだけどね。。

笑うしかないよね。。笑えないけど。。笑

 

・・・と、まあそんな感じの近況を記録しておきます(^-^)

*1:^-^