自己嫌悪

自分の心に余裕が無いと、本当に些細な事にもイライラしてしまったり、小さい事が気になってしまったり。

 

 

元々あまのじゃくだけど、それが一層強くなってしまう気がします。

 

 

 

 

こういう時はなるべく人と関わらないようにするのが一番なんだけど、元々約束していたことだとそうもいかず・・・心から楽しめず、なんだかモヤモヤしてしまったり、素直に物事を感じられない事に自己嫌悪。

 

 

相手が察していたかはわかりませんが、自分がもう1人いたら確実に「ギスギスしてんな・・・」と思われていたことでしょう・・・。

 

 

 

 

 

ただただ疲れた・・・。

 

 

 

 

 

ネガティブワールド全開ですね。

 

 

 

 

こういう時、自分の性格の悪さを感じてより一層自分の事が嫌いになる。。

 

 

 

 

夜に眠れないことへの焦りや、心身ともに疲れているはずなのに脳内大会議が終わらないこと、こうなるとすぐ泣いてしまうし感情のコントロールが出来なくなることにもうんざり。

 

 

 

 

 

なぜなぜなぜ・・・という怒りが沸いてきても、脳内の誰かに「それはお前がこうだからだ!」と言われて落ち込む。

 

でも怒りは消化されないからまた繰り返し。

 

 

 

 

これ、家族に気持ちを言った時と同じだなあと思いました。

 

 

 

 

基本的になぜそう思ったかを聞いてもらえないし、受け入れてももらえない。

 

ただ勝手に判断されて誤解されて、話を曲げたまま捉えられる。

 

 

 

 

 

ずーーーっとそうされてきたから、「こうされてしまう」と脳が思い込んでしまっているんだなあって思います。

 

 

 

 

表面だけで勝手に判断されて、私の中のロジックは完全否定。

 

 

 

 

もちろん否定なんてされたくないし、誤解されるのは大嫌いだけど、刷り込まれてきたパターンの思考からはなかなか脱出することが難しいです。

 

 

 

自分だけは自分の味方でいてあげたいけど、無意識に働くのは家族から受けた自分への批判の気持ち。

 

結局自分でも自分を責めてしまう。

 

 

 

 

それも、白黒ハッキリつけたがりな所があるので、徹底的に自分を責め倒す。

 

 

 

 

 

ああああ、ダメなパターンなのはわかっているのに。

 

 

 

 

 

心の安定って本当に必要だ。。

 

 

家族のトラウマが年々大きくなりすぎて、何かあると一気に情緒不安定になってしまう。

 

 

 

 

こんな時に人と関わってしまうと、普段隠れている自分の汚いところや性格の悪さが本当に明るみに出るなあ。。

 

申し訳なさからの自己嫌悪、いつものパターンですね。

 

 

 

 

すぐ影響を受けるの、やめたい。。。