会社に行けなくなった

何度か書いている新しい派遣先のこと。

 

 

 

 

一緒の仕事をする社員さんたちは良い人たちだし、こんな自分でも歓迎してくれて良くしてもらっているのは痛い程感じているのですが。。

 

 

 

そういう意味で極端に居心地が悪いとか、絶対に行きたくない、という気持ちは不思議となく。。

 

 

 

ただ、殺伐とした雰囲気、近くの営業さんの大声や動作の大きさに参ってしまっていたので、派遣先も派遣元も「無理だけはしないで」「こういう理由は仕方ないから、続けられなかったらいつでも言って」「何でもするからいつでも言ってね」「最初に伝えず申し訳なかった」と言ってくれていて、表立って責められたりしているわけでもありません。

 

 

 

良い人たちなだけに罪悪感が・・・。

 

 

 

 

 

それに、ここ数日で答えを出すことにもなっていました。

 

 

 

 

 

それなのに、今日いつも通りに起きてご飯を食べ、化粧をして着替え終わって、バッグを持って玄関で靴を履こうとしたところで、身体が固まってしまった。

 

 

 

 

 

「まだ間に合う」と思いました。

 

 

 

 

「今駅に向かえば、まだ会社に間に合う」のか「会社を休むなら今行かなければまだ間に合う」のかわからなかった。でもはっきり「まだ間に合う」と思って身体が動かなくなりました。

 

 

 

 

 

 

中学時代、どうしても学校に行きたくなかった頃、準備なんてする気持ちにもなれずベッドから出ませんでした。

 

今と違うのは「出られない」のではなく、自分の意志で「出なかった」。

 

 

 

 

 

これまでいくつかの派遣先でお世話になってきたけど、どうしようもなく仕事内容が合わないとか行きたくないと思っても、契約期間は満了して途中で辞ることは選択肢に無くて、嫌々でも「仕方ない、行くしかない・・・」と思って会社に行ってました。

 

 

 

ただ単に我慢出来るレベルだったのかもしれませんが。。

 

 

 

 

 

行く気持ち自体はあるのに、身体が動かなくなったのは今回が始めてです。

 

 

「行けない」ってこういう事なんだな・・・と知りました。

 

 

 

 

 

 

 

でも、これを書いている今

 

「弱くて情けないな」

「仕事を教えてくれたのに申し訳ない」

 

という気持ちと

 

「身体を壊さなくてよかった」

「自分を大事に出来たのかな」

 

というホッとした気持ちが入り交じっています。

 

 

 

 

 

私は結婚もしていないし、自分の家族とももう関わりはありません。

 

友達はいるけど、それぞれの生活もあるし。。。

 

 

 

 

 

最近寂しい気持ちになることが増えたけど、でも今の状況を嘆いても仕方ないから、これからはもっと自分を大事にしていこうと思っています。

 

 

 

 

 

今回、それを優先出来たのかな、とは思います。

 

 

そして、改めて世間から見たら自分ははみ出しているというか、物事の感じ方は「普通」の枠にはいないんだなと思いました。

 

社会が鈍感なら、卑屈な意味ではなく私は「社会不適合者」だよなあと納得したり。。

 

 

 

 

それが社会で、これが自分なのだから仕方ない。

 

 

 

 

 

認識することの大切さというか、ある種の開き直りでもあるのかね。。

 

 

 

 

 

 

残念な結果になってしまったけど、行けなくなったのが自分の気持ちだと思う。

 

 

 

 

 

「甘え」「わがまま」と思われてしまうんだろうけど・・・実際そうなのかもしれないけど・・・感じ方の違いは人それぞれで計れないもんなあ。。

 

 

 

 

本当はもっと甘えたいしわがままだって言いたいよ・・・すごい我慢してきたのにそんな事言われるのか・・・というアダルトチルドレンが顔を出してきたので、周りからの見られ方を気にするのはこのくらいにしておきます。。

 

 

 

 

 

そりゃあ我慢しなければならないことも山ほどあるけど、我慢して我慢して、自分の限界を超えてしまって心身を病んでしまうくらいなら、私は逃げてもいいと思うけどな。。

 

 

今回の自分を正当化する為に言ってるんじゃなくて、常々思っていたこと。自分に対しては思えなかったこともあるけど、でももう許そう。

 

 

 

そうなるまで何かに尽くしても、自分がダメになったら誰も責任とってくれないしね。

 

 

 

 

 

 

自分が長くいる職場にしろ、突然辞めてく人に対しても「ああ限界だったんだな」としか思わないもん。

 

 

何が限界かなんて本人にしかわからない。

 

 

 

 

 

本人でもわからないこともあるくらいなのに、他人がそれに対してどうこう言えないと思うんだよな・・・。

 

 

でも、それによって迷惑を被る人がいることも忘れちゃいけないけどね。。

 

 

 

 

 

なかなか落ち着けないけど、長く働ける職場に出会うのは私にとって奇跡みたいなもの。

 

 

 

最長で勤続は5年・・・でも私にとったらなかなか長かった。。

辛い事もたくさんあったはずだけど、なぜか頑張れたのはそこが多分総合的にみてHSP気質な自分には合う条件が揃っていたんだと今になって思います。

 

 

 

でもそこ以外は長くて2年とかそんなもん。

短期で2ヶ月とかでも辛かった所は本当に辛かったし。。

 

 

本当は長く長く働くより、短期のが気楽で合ってるんだろうな。

 

 

 

今回はそこまで後を引くくらいのダメージは受ける前だったから、少しだけ休んでまた新しい職場を探そうと思います。。